みなさま、こんにちは。
統一地方選挙まで半年となりまして、SNSなどでは現職議員の方をはじめ新人候補予定者の方の活動報告を多く目にするようになりました。
中には公職選挙法違反?と思われる投稿もありますので活動写真をアップする際には気をつけていただければと思います。
また、統一地方選挙までの間にも各地では地方議会議員選挙が行われる地域があります。弊社代表も先週末の土日にお客様の(後援会)事務所の開所式に飛び回っておりました。

さて、選挙ツールについて久しぶりにブログを書きたいと思いますが今回は「失敗しない業者選び(選挙運動用自動車編)」として長くなりますが実際にあった話を交えて書きたいと思います。

候補予定者Aさんからコストを抑えて選挙に望みたいとの要望により、弊社として出来る限りのご提案をさせていただきまして概ね満足いただける内容となりました。
しかし選挙戦本番に使用する選挙用自動車についてはインターネットでAさんが調べられたB社(本業は選挙カー業者ではない)が低価格なのでそちらを利用したいということで、価格を聞いたら選挙用自動車のリース価格としてはビックリするくらいの低価格なので、そこはお客様の考えを尊重するのが弊社の方針なので構わないのですが、ただ選挙区の地域情勢や道路環境などもあるので軽自動車もしくはコンパクトな車両を手配するようお伝えしました。

!まずここで最初の問題が発生します!
このB社は選挙用自動車が専門ではないからなのか、原則電話対応は不可でメールのみでの問い合わせ対応。選挙の告示日が迫る中で候補者であるAさんがご自身で対応していたのですが、とにかく各対応にタイムラグ(返信がこない)がありAさんもイライラ。選挙に関しては「時は金なり」ではないですが、時間があれば一票でも増やす活動をしたいですが無駄な時間を取られてしまいました。

!納車の段階で次の問題が発生!
出来る限りコンパクトな車両を手配するということで、事前に納車予定の車両画像が送られてきたのですがその時は確かに軽ワゴン車両でしたので、これなら大丈夫とAさんと確認したのですが、納車されたということで現車を確認に伺うと、なんとメールで送られてきた軽ワゴンではなく、大きなワゴン車だったのです。Aさんも納車された際に持ってこられたB社スタッフに写真で送られてきた車と違うと言ったそうですが、そのスタッフは「私は分からない、納車に来ただけ」ということでAさんも時間もないし仕方ないと諦めてしまいました。

!まだまだ問題(?)は続きます!
Aさんは自動車用の看板シートは別会社で作っていました。事前に看板サイズをB社から教えていただいて作っておいたのですが、そのサイズは軽車両に乗せる看板サイズだったのですが、実際納車されたのは大きなワゴン車でした。しかし看板サイズとAさんが作った看板シートに問題はなかったのです。つまり、大きなワゴン車の上に乗っている看板は軽車両用の小さな看板が乗っていたのです。正直、選挙運動用自動車としてブサイクでした(苦笑)

!極めつけの問題です!
Aさんからの依頼で警察での事前審査に車両を持っていって欲しいということで弊社スタッフが警察署に車両を持ち込み事前審査を受けます。そうしたらなんてことでしょう!提出書類の車両看板サイズと実際の看板サイズが違っていました。警察署でB社が作った書類の看板サイズを変更することで問題なく処理は出来たのですが本来こんなことはありえない話です。
なぜこのような問題が起きたかといえば看板サイズに枠は含みませんのでB社は枠を含んだサイズで書類を作ってしまっていました。
(実際のところ、車両より内側に入る看板であったため設備外申請は不要なんですが、このあたりはややこしいので詳細は割愛します)

ということで、選挙が告示されまでの間に安いからということでAさんが選んだB社との間で起きた実際の話でした。選挙期間中の運用についても、看板に照明がついていない、音響システムがカセットテープ、車両サイズの問題で通れない道が多数あり、運行計画が大幅に変更となったというのは言うまでもありません。

最後にまとめです。
今回は選挙運動用自動車を例に書きましたが、選挙ツール共通していえる失敗しない業者選び方法ですが
1)必ず電話で問い合わせが可能である
2)選挙経験はあたりまえ、公職選挙法の知識をどれだけ持ち合わせているか
3)あなたの要望をちゃんと理解してくれているか
4)あなた自身、時間等余裕を持って準備(業者選定)を進める

今後も実際にあった失敗した選挙ツール制作の実例を交えたブログをお届けしたいと思います。
最後に、統一地方選挙への立候補を予定、もしくがご検討中の方へ。統一地方選挙は全国一斉に行われますので選挙運動用自動車の手配はお早めにされることをおすすめします。なぜなら良い車両(希望車種・音響システムなど)ほど先に予約が入ってしまいます。何かわからないことがあればお気軽にご相談ください。
弊社の「選挙運動用自動車」はこちら