代表あいさつ

弊社は2015年5月22日に創業して現在4年目を迎えるまだまだ駆け出しの会社です。
20代の頃から政治に興味を持ち、地方議会議員の学生インターンに参加したことから私の政治活動はスタートいたしました。
それから、議員秘書や国会議員候補(衆議院・参議院)の事務局長や首長選挙での選対本部など歴任する中で多くの選挙を経験させていただきました。そして私自身も二度の選挙を戦った経歴があります。結果は負けてしまいましたが、今考えればこの「落選」という経験が私の今の仕事の大きな財産になっていることは確かに言えることです。

以前、お仕事の依頼をいただいた時に「あなたにお願いすれば当選できるんですか?」という質問をいただきました。立候補を考えている方にとっては人生をかけた大勝負なのですから当選したい、しなければならない。というのは至極普通のことだとは思います。選挙ですから「当選or落選」という結果が出るものです。ですがこの結果については、様々な要因もあることから絶対的なものはありません。

弊社は「当選請負人」「当選率○○%」などと謳った仕事はしておりません。では一体どんな仕事をしているのかといえば、選挙情勢調査や過去の選挙データなどの客観的なデータと候補予定者の方の信念や政策などをお伺いして「勝つための選挙戦略とツール制作」を企画・立案していくものです。
そして勘違いしていただきたくないのは、選挙が目的ではありません。候補予定者の方が当選して議員になって実現したいという目的に対する手段です。これは私が初めて学生インターンとして選挙現場に参加した時に議員の方から「政治と選挙は別物だ、どんな素晴らしい理念や政策があっても選挙に勝てなければ駄目だ、目的を果たすためにも勝たなければいけない。選挙はその手段にすぎない」という言葉を20年以上経った今もなお大切にしている考えで、それをもとに今も仕事をしております。

初めて選挙に立候補しようと考えていらっしゃる方は信念や、やりたいと思っていることはあるけれどもどう行動していいのかわからない、何をすればいいのかわからない。そういう状況になることも多いと思います。実際に政治の現場で数多くの選挙を経験していた私でさえも自分の選挙となると周りが見えなくなるような状況でしたから、まったく政治の現場を経験していない方なら尚更だと思います。そうした方々のお役に少しでも立てれば弊社としても大変嬉しく思います。

まずは立候補を考えて悩んでいらっしゃるなら一度ご相談ください。社会を変えたいという思いを応援させていただければと思います。

アイ・ティ・エム・プランニング合同会社
代表 今津 英幸

代表プロフィール

大学在学中に地方議会議員のもとでインターンシップに参加をしたのをきっかけに政治に興味を持ちインターンシップ終了後も様々な活動に参加し学生スタッフとして選挙を経験。その後も地方議会議員選挙や国政選挙のスタッフとして参加。
一般企業での勤務を経て自身が議員を目指し選挙へ立候補するも惜敗し国会議員秘書、衆議院議員候補者事務局長、参議院議員候補者(比例区)の西日本担当責任者などを歴任しその間多くの国政選挙や地方議会議員選挙に携わる。
2015年にアイ・ティ・エム・プランニング合同会社を設立し当初はデザイン制作やWEB制作等を行っていたが以前よりお付き合いのあった議員の方などからの紹介で選挙に関わる制作物などを手がけ、選挙全般の相談などを受けるようになる。2017年以降、衆議院総選挙、首長選挙、都議会議員選挙、地方議会議員選挙など多数の選挙に携わる。2018年になり選挙専門コンサルティング会社として、現職の議員、初めて選挙に立候補する新人、捲土重来を期す元職の方からのご依頼を受けて仕事をさせていただいております。