ブログ

SEO対策って?初心者でもわかるSEOの基本

SEOとは

SEOとはこんにちは。アイ・ティ・エム・プランニング合同会社、コラム編集部です。
前回のコラム(以前にも?)に「SEO」という言葉が出てきたと思いますので、前回までのホームページ制作を中心とした内容を今回から「SEO」ということについて少しずつ書いていきたいと思います。

SEOとは?

起業、独立開業など間もなかったり個人事業をしている方で、これから自分の事業に関するウェブサイトをインターネット上に立ち上げようとしている方はSEO対策という言葉を知っておくことが不可欠になります。インターネット初心者の方にもわかりやすく説明すれば、SEOとは英語のSearch Engine Optimisationという言葉の頭文字を取って略した言葉です。日本語に訳せば「検索エンジン最適化」という意味になります。これがなぜウェブサイトを立ち上げる上で重要な意味を持っているかといえば、検索エンジンで何かの言葉を検索した場合には、一定の規則に従って、ページの上から順番に表示されるからです。例えば、「旅行」という言葉を検索エンジンで検索した場合には、ウェブページの中に旅行という文字を含む全てのサイトが表示されますが、こうした表示される順番はアクセス数の多さなどによって決まります。そのために、自分の行っている事業のウェブサイトにできるだけ多くの人にアクセスしてもらうためには、検索エンジンで検索をしたときに、自分のサイトができるだけ上位表示されるようにする必要があります。

オートバイを例にして説明すると、オートバイの販売をしている事業者が自分のウェブサイトを立ち上げる場合には、特にオートバイに関心のある人を、自分のウェブサイトにアクセスしてもらう必要があります。そのために有効なのが検索エンジンです。検索エンジンでオートバイという単語を検索するような人は、オートバイになんらかの関心を持っている場合が多いからです。そうした人に自分のサイトにアクセスしてもらうためには、検索エンジンで検索した時に、できるだけ上位に表示されることが必要不可欠になります。一般的にコンピューターのユーザーが検索エンジンで何かの検索をした場合には、検索結果は上位の方が順番に見ていく傾向があります。検索結果のページの下の方に表示されるほど、それを見る人の数も少なくなっていきます。検索結果が多い場合には複数のページにわたって表示されることも多いですが、別のページに移動しなければならない場合などには、より検索結果が見られる可能性は低くなります。
だからこそ検索エンジンで上位に表示されることは、多くの人に自分のウェブサイトにアクセスしてもらうために、非常に重要な手段になります。何も特別な対策をしなかった場合には、ウェブサイトにアクセスする人の数も少ないままで、サイトを立ち上げた意味も減少する可能性もあります。ショッピングサイトなどの場合は、毎日のアクセス数が少ないことは事業を継続するうえで致命的な問題にもなりうるからです。

SEO対策って?

こうした場合に有効なのがSEO対策です。SEO対策としてよくとられる方法としてはリスティング広告があります。これは検索エンジンで特定の言葉が検索された場合に、その言葉に関連したウェブサイトへのアクセスが表示されるという形式の広告です。こうしたリスティング広告は検索結果より上位に表示されるので、より多くの人の目に触れる可能性が高くなります。したがって、そこから自分のウェブサイトにアクセスしてもらえる可能性も非常に高まります。こうした広告を出すためには、検索エンジンを運営している会社に広告費を支払う必要がありますが、SEO対策としては極めて有効な方法の一つです。
リスティング広告以外にもSEO対策としてできることには、さまざまなことがあります。検索エンジンでできるだけ上位に表示されるためには、ウェブサイトの構成を変えるのも一つの有効な手段です。それぞれのページの内容を再検討することも、SEO対策としては有効です。
次回以降のコラムではこの「SEO対策」について書いていきたいと思います。

当社ではSEOを意識したサイト制作をしておりますし、構築の中でSEOの基本的な対策は実施させていただいております。また、それでもなかなか思うような効果が出ないなどの場合は別途オプションでのSEO対策メニューもございますのでお気軽にご相談ください。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る