ブログ

気になる!ホームページの運営にかかる費用って?

パソコン男性

こんにちは。アイ・ティ・エム・プランニング合同会社、コラム編集部です。

パソコン男性ホームページを作成して商品を紹介したいと考えた時に気になるのがコストです。ホームページ周りのコストについては3つ考えておくことが必要です。1つはホームページ作成費用、2つ目はレンタルサーバー、ドメイン維持などのランニングコストです。3つ目はホームページの更新費用となります。場合によってはホームページ作成はソフトを用意して自分で作成するという方もいます。

ホームページ作成については専用ソフトを使えば自分でも作れますが、デザインはセンスも絡んでくる部分もありますし、SEO的にも業者に依頼して作成してもらうことが増えています。中には無料で制作してSEOの業績で費用を得るというビジネスモデルもあります。ホームページ作成については商品ごとに作成する場合もありますが、トップページからしっかりとした目次などで誘導できる仕組みが採用されることが多いです。費用については業者によってかなりの差が大きくなります。見積り等をとることが重要ですが、どの場所で費用がかかっているのかはっきりしないワンパッケージ制作には注意が必要です。また、制作したサイトを最終的に自分で修正できるかも重要になります。作り方については業者ごとに違いが出てきますが、特殊なJavascript等を多用している場合には修正が効かないケースも多いので注意したいところです。

ランニングコストについては特にレンタルサーバーの費用が目立ってきます。ドメインについては年間で維持費を支払いますが、多くの場合、費用はそれほど差が付かないケースが多いですし、レンタルサーバーによってはドメイン費用が入った契約も多くなります。ドメイン費用については他のレンタルサーバーに移動する際もドメインを移動できるかを確認しておくことが重要です。所有権が自分にあれば移動はできますが、移動する際に多額の費用がかかるケースもありますので注意したいところです。ドメインについては日本語、アルファベットと選べますが、汎用的に使えるアルファベット型を選んでおくとよいです。ドメイン維持費については数年契約でき、9年程度できる場合もあり、割引き率が高く設定されているので注意したいところです。

ホームページは更新して意味が出てくる場合が多いのですが、作成してそのまま放置する方も少なくありません。特にブログではなく、ホームページの場合は更新され無いケースも多いです。しかし、更新することによってSEO的にも意味が出てくるケースが多いので定期的な更新をおすすめします。更新については全体を更新する必要はなく、短期的なニュースや新商品やサービスを紹介するのを細かく行うなど既存のコンテンツに追加する形で更新してかまいません。また、業者によってはランニングコストに更新分を追加している場合も多く、月に何箇所更新できるなどの条件を追加しているケースも多いです。ホームページの更新は図や写真の更新も効果的ですが、更新した際には必ずSNSなどで更新情報を流すと良いです。更新情報はロボットが自動でやってきて調査してくれますが、SNSなどに投稿することでより積極的な更新となり、SEO的にも意味が出てきます。

ホームページはレンタルサーバーを利用した場合以外にもブログサイトを利用したり、Facebookなどの追加サービスを利用してSNSと密接に繋げて利用することも可能になっています。従来のインターネット上のポスター的に利用するだけではなく、積極的に視聴者の行動と連動したサイトも運用可能になってきていますから、さまざまなアイデアを駆使しながら、自分の事業を紹介していくツールとして活用することができます。

当社では、オリジナルデザインではもちろんのことテンプレートデザインで制作したホームページでもSNSとの連携はできます。安くホームページを作成してもしっかりとユーザーにはアピールできる仕組みをご提供させていただきます。まずはお問い合わせいただきまして、お客様のお話をお聞かせください。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る