ブログ

意外と知らない制作費の内訳!ホームページ制作に必要な制作項目とは

こんばんは。アイ・ティ・エム・プランニング合同会社、コラム編集部です。
今回はホームページの作成を制作会社に依頼した際の費用項目などについて書いていきたいと思います。

54f529f8ab07364f58faeee5d684fb71_s

最近では、小さな会社であっても、立派なホームページを持っているところが多く、また、ホームページは日本国内だけでなく、世界中へ情報を発信してくれる可能性を秘めているものなので、これから自社のホームページを作成したいと考えている事業主も少なくないことでしょう。
いざ、ホームページ作成を依頼しようと思っても、その価格が妥当なものであるのかという判断はむつかしいものです。特に、ホームページ作成に関しての知識を持ち合わせていない人にとっては、制作費の適正価格は想像もつかないかもしれません。また、内訳の項目を見せられたとしても、それが何を表しているのか、妥当な価格であるのか、わからないことも多いでしょう。

その理由としては、ホームページ作成の料金には、はっきりとした決められた価格というものが存在していないということがあげられます。制作費の内訳についても、特に決まりは無く、ホームページ作成業者によっても、内容は違ってくるものです。

ホームページ作成の内訳について

ホームページ作成に必要な内訳の主なものは、基本料金やトップページの制作費、そのほかのページについては、何ページまでかは基本料金に含まれている場合もありますが、それ以上、作る場合には、一ページにつき、幾らかかるかについての項目が設けられていることが一般的といえます。

また、オプションのように、予約システムを取り入れたい場合や、カレンダー機能、メールフォームやショッピングカートの設置などに関しても個別に料金を設定していることも多いので、それらについての項目が内訳に記載されていることもあります。また、独自のロゴを作りたい場合には、ロゴの制作費もかかってくることになります。ロゴはデザインによっても価格が異なりますが、単純な文字の組み合わせの場合には、それほど高額ではなくても、デザインから全てを任せる場合には、高額になってくるケースもあるので、内訳の制作項目を確認する必要があるでしょう。また、ホームページに掲載したい写真がある場合、デジタルカメラなどの画像をそのまま取り込むのではなく、画像加工などを行う必要が生じると、それらについても費用がかかってくるケースもありますから、そのような点にも注意する必要があります。

ホームページの制作費が他の業者と比較すると、格段に安い場合があるのですが、そのようなケースでは、制作費は格安でも、その後の維持費が毎月必要な場合も多いものです。ホームページ制作会社では、ホームページを作成するだけではなく、保守メンテナンスなどという項目がある場合も少なくありません。29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

パソコンやホームページ作成についての知識がない人にとっては、ホームページを作っても、その後の更新ができなければ困りますから、毎月、支払いが生じても、メンテナンスが必要だと思う人も少なくないでしょう。反対に、見栄えの良いホームページを作ってもらえば、画像を載せたり、加工する程度なら自分でもできるという人であれば、毎月の保守メンテナンス料を支払うのは割高だと感じる人もいるかもしれません。ですから、自分の希望に合うような制作会社のサービスを選ぶことが大切です。そのためにも、制作費の内訳についてはしっかりと把握して理解することが重要といえるでしょう。

ホームページ作成の制作費について、内訳の項目に疑問がある場合には、複数の制作会社から見積もりを取って比較検討してみるのも有効な手段といえます。たいていの制作会社であれば、見積もりは無料で応じてくれるはずですから、記載されている項目に関する疑問があれば、メールなどで質問してみるとよいでしょう。(ただし、詳細なヒアリングを行ったうえでの見積もりでなければ、しっかりとした見積金額の提示は難しいのはありますので、どんな機能のあるホームページを作りたいか、どんなデザインか、ページ数はどのくらいなのかというある程度の条件は決めていられると見積もりは正確性の高いものが作れます)

最後に当社では、お客様のご要望はもちろんですが予算額などに応じて出来ることなどをご提案もさせていただきます。また、掛かる費用についてはご契約の前にしっかりと説明をさせていただきまして、安心してお任せいただけるよう努力してまいります。自社や店舗においてホームページを作ろう(作りたい)とお考えになりましたら、お気軽にお問い合せください。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る