ブログ

ユーザーニーズを理解して検索ワードを知ることがSEO対策の第一歩

ユーザーニーズを理解するこんにちは。アイ・ティ・エム・プランニング合同会社、コラム編集部です。
前回よりだいぶ時間が空いてしまいまして申し訳ない限りです。さて、前回はSEO対策ってなに?ということでSEOについてコラムを書かせていただきました。そして今回はSEOを考える上で重要となる「ユーザーニーズ」について書いていきたいと思います。

「ユーザーニーズを理解して検索ワードを知ることがSEO対策の第一歩」

オンラインショップなどのECサイトを開設している企業は多くあり、個人事業主でも独自のストアを開くのにサイト構築をするケースが増えています。
個人事業主がオンラインショップなどのECサイトを構築するには、SEO対策について知っておく事が必要です。
SEO対策とは、Webサイトが検索エンジンの結果ページの上位に表示されるようにする為に行うテクニックの事であり、検索エンジンのアルゴリズムに合った手法でサイトをチューニングすれば、サイトが検索されやすくなります。
アクセス数の向上を目指す事で、消費者に商品を見てもらって、実際に商品を購入してもらえるようになります。
SEO対策の効果を引き出すには、ネットユーザーが検索する際によく使うキーワードを使ってコンテンツを作っていったり、被リンク数を増やしたりしていきます。

初めてオンラインショップを開設する人にとって行いやすいテクニックは、被リンク数を増やしていく方法ですが、これは過度に行いますと、検索エンジンにスパムサイトと判定されてしまいますので注意をしなければいけません。
最近では、スパムサイトと判断されるのを避ける為に、有力なキーワードを使ってコンテンツを作成していくのが最も良い方法となっています。
キーワードを使ってコンテンツを作成する場合、検索エンジンに認識されやすいキーワードを見つける事が重要になってきます。
有力な検索キーワードを探すには、サイトにアクセス解析ツールを搭載して、アクセスしてくる人々がどのようなキーワードで検索しているのか、どの地区からアクセスしている人が多いかなどを調べます。

ユーザーニーズが高いサイトであれば、検索結果ページで上位表示されるWebサイトで使われているキーワードが必ず使われています。
一般的に検索数が多いキーワードは、ビッグワードと呼ばれており、コンテンツを作成する際には必ず掲載しておかなければいけません。
しかし、このキーワードだけでは、他サイトと差別化する事が出来ませんので、商品名やサービス名、あるいは、それらの特徴を意味するキーワードを併用する事で、強力なキーワードとして使えるようになります。
強力な検索キーワードは、キーワードの組み合わせ次第で様々なオリジナルのワードを作り上げる事が可能です。
SEO対策を行う事で、検索エンジンのアルゴリズムに最適化させる事ができ、多くのネットユーザーにサイトの存在を認知してもらえるようになります。

オンラインショップで販売されている商品としては、オリジナル商品の他に、人気メーカーの人気商品があります。
このような商品をショップで数多く取り扱えば、セレクトショップとして機能させる事ができ、アクセス数が向上する可能性を秘めています。
アクセス解析ツールによる分析は、ユーザーニーズを正しく測り、サイトを消費者のニーズに応えられるものにしていく事が出来ます。
SEO対策だけがオンラインショップなどのECサイトに必要なことではありません。
ネットユーザーがオンラインショップに訪れた場合、サイトの使い勝手が悪ければ、商品の検索をしようとは思わなくなり、リピーターが増えない原因になります。

その為、サイトのアクセシビリティを高めながら、検索エンジンの最適化を図っていく必要があります。
ユーザーニーズを理解して、適切な検索ワードを選び、コンテンツを作成していく事で、ネットユーザーにとって有益なサイトとして知られ、リピーター率が増える事で、オンラインショップでの買い物をする人々が増加していきます。
ネットでの売り上げを上げていく為には、ECサイトが有名になる事が早道となっています。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る