ブログ

ホームページ作成で見落としがちなタイトルバナーや画像の作り方

こんばんは。アイ・ティ・エム・プランニング合同会社、コラム編集部です。
今回はホームページ作成で見落としがちなタイトルバナーや画像の作り方と題して、ホームページを作成する際の画像やフォントについて書いてみます。

ホームページ作成で見落としがちなのが、画像の作り方です。
これはホームページ作成は一度作れば終わりというわけではなく、その後に定期的に更新をしたり情報を変えていく必要があるでしょう。この時、画像があるのとないのとでは全く違いがあるのです。ではそんなホームページ作成で見落としがちなタイトルや画像、ロゴの作り方はどうすればいいのでしょうか。

46c7eaeedbb5f457acdb8e5875454062_sまずはフォントに関することです。
フォントとは文字の形のこと、文字のデザインのことで、大体のパソコンに搭載されているものです。実は今読んでいるこの文字にはもともとパソコン上にあるフォントが適用され、文字の形を作っています。
フォントに関しては、ネット上に自由に使えるものもあります。これらを持ってきて使うのもひとつの方法となるでしょう。ただ、実際は閲覧環境となる端末にどのフォントが掲載されているかによってもかなり違いがあります。このため、ホームページ作成でのフォント選びとしてはいろいろなフォントの中でもあまり表現を崩さないようなものを作る必要があるでしょう。

次にタイトルバナーです。
タイトルバナーとは、タイトルを表示したバナーのことで、画像で作る場合もあればCSSというWebプログラミング言語を使ってデザインを施す場合もあります。画像を使う場合、いろいろなものを作る場合など多くのやり方があるでしょう。
この場合は持ってくるものの種類などを考えて作る必要があり、自分ではいいと思っていても客観的に見ると使いにくいものもあります。ただ、ポイントさえ抑えていればあまり難しいことはありません。見やすさと使いやすさ、その点を考えてデザインするといろいろなところに使えるようになり、一気に使いやすくなります。

ロゴ作成はぱっと目を引くものが必要になり、その雰囲気から色々なものを伝えることになります。
また、マルチに使うこともできますし、もしウェブサイト上で商品展開を行うのなら、その商品展開などにも必ずついてくるものになります。
このため、比較的プロの知識や技術、あるいはどういう風にしたいかという貴方自身の希望のもとでつくり上げるほうがいいでしょう。できるだけプロに依頼したいジャンルでもあります。ちなみにホームページ作成をする人なら誰でも作れるかというとそうでもなく、ロゴについてはグラフィックデザイナーが作成することがこのところ多くなっています。また、ロゴのみを得意とする専用のロゴデザイナーなどに依頼するのも方法の1つかも知れません。

画像に関しては、ネット上には商用利用可能な素材がありますので、それを持ってきてリサイズしたり加工したりして使うことが一番でしょう。
また、自分で撮影した写真や動画、書いたイラストを作ることもできます。この場合は特にイラストレーションとして必要な物も多いので、誰かに依頼することもできるでしょう。
画像は大きく見た目を左右しますので、もし必要ならば画像加工の必要もあるといいでしょう。
画像については、だいたい今の時代ならjpg形式、png形式、gif形式というものがあります。これらの形式によって画像の特徴は大きく違ってきますので、それぞれの違いを知っておきたいところです。また、ちょっとしたアニメーションなども作ることができますが、それぞれのやり方や求めるゴールごとにどういうふうに作るのがいいのかが変わってくることもあります。

最後に、これらをアップロードします。
ロゴやタイトルバナー、写真や動画ファイルなどは著作権をクリアしているものだけをアップロードしますが、フォントは利用規約次第ではアップロードできないものもあります。このため、著作権についても知っておいたほうがいいでしょう。

フォント・タイトルバナー・ロゴ作成・画像について概要を書いてみましたが、実際サイト制作をするにあたって制作会社であれ個人制作であれユーザーが目を引くのは勿論ですが、『見やすい』『わかりやすい』『(情報を)見つけやすい』ということが大前提であるのは言うまでもありません。
当社ではご依頼頂くお客様の要望などをしっかりとヒアリングを行いまして、お客様と一緒にホームページ作りをさせていただきまして、そのサイトを一緒に育てていくという考えでいますので気に止めて頂きましたらまずはお気軽にお問い合せください。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る